葉、茎、根の壺 - 庭で自然観察




アイビーの葉、茎、根の特徴−害虫、病気、根腐れ−葉脈、断面、道管、太さ、広がり、写真







アイビーの葉、茎、根の特徴−害虫、病気、根腐れ−葉脈、断面、道管、太さ、広がり、写真



アイビーの葉、茎、根の特徴

植物のなまえ(和名) アイビー、蔦(つた)
植物のなまえ(英語名) Ivy
学名  
葉のタイプ
茎の太さ、長さ とても細く、か弱い茎です。しかし、それは最初だけのことです。

ほとんどが挿し木で増やされて小さい植木鉢に入れられ植えられていますが、屋外越冬に適応して地面に植えているものは、信じられないことになります。

これほどまでに強健な生命力の強い植物は他にないのでは?というくらいに成長しまくります。

どんな猛暑でも、寒さでも枯れません。枝は固く、木のようになっています。
根の太さ、張り方 とても強烈な根が広がっていきます。枝分かれも無限、長さも無限なだけあって、根もそれに対応してとてもたくさん生えています。

また、茎の全ての部位から発根します。これは地面と接していると2m地面の上を成長したら、2mの間は全部根が生えています。

壁面、岩壁にしがみつくために生えてくる根なのだと思います。
葉に現れる病気、症状  
根に現れる病気、症状  
説明 アイビーには、ブドウ科のアイビーと、ウコギ科のアイビーがあり、日本では蔦(つた)と呼ばれていて、古くから自生していました。

日本の蔦はブドウ科で、冬期は落葉します。しかし、ウコギ科のアイビーは落葉しません。

この違いが顕著で、葉の大きさもありますが、一般的には大きい葉を持っているのが日本のツタ(蔦、アイビー)です。

家が蔦に覆われたという状態はよくある空き家の風景です。蔦には吸盤があり、それで壁に食いつく、入り込んで根を張り、モルタル、土壁を破壊します。

これが本当に凄いのが、ウコギ科のアイビーの方で、観葉植物として小歯タイプのものが入って来たのですが、屋外に植えてみると、冬を越せないだろう、、と思っていたら、常緑樹でした。つまり、成長が止まらない。

どんなに暑くても枯れない。恐ろしいほどの成長力です。葉は小さいのですが、茎の部分全てから発根する可能性があります。

金属の板に接していた茎から隙間なくびっしりと根が伸びてきて、金属に張り付いています。さすがに穴は開けられませんでしたが、隙間に入り込み、茎を太くしていき、扉が閉まらなくなりました。

恐ろしい。実に恐ろしい、本当に怖いのは、小型のアイビーの方かもしれません。

基本的に、国内にあったものは、ツタといい、観葉植物の海外から入ってきたものをアイビーといい、白い模様が入ったものなど様々なタイプがあります。




一見すると、弱そうなもの、それがいつしか、知らない間に信じられないくらいに入り込んで、奥まで根をびっしりと張っていて、もう、抜くことはできない。全ての栄養をそこに吸い取られる。

そんな植物がいたら、他の植物は育ちません。

そういうものを特定外来種といって、特別に注意しています。昔は関係ない、知らない、で済みましたが、今は、その土地、その気候風土にあった生物が生きるべきであるという考え方が強く広がっています。

しかし、そんなことを言っても、そういう動植物が入り混じって、ある種が繁茂するのもまた、1つの自然の摂理とも言えます。そうやって、人類は地球上で反映してきたわけです。

むしろ、ブラックバスに日本の池が全て入れ替わってしまってもそれも1つの自然であり、アメリカのようになってしまった生態系を日本の生態系だというのも自然なことだと思います。

ただし、今、動植物の地域特性を大事にするには、生物資源として、あらゆる可能性のある、将来、有用な効果を発揮する化学物質をつくりだしてくれる植物があって、それを遺伝子組み換えでどこかに入れ込んで大量生産するなんてことは容易に想像ができます。

石油ができる植物をたくさん栽培することも可能かもしれません。ただ、今は原油をほるほうが安上がりです。コストのメリットとは大きく、安い方が選ばれていく、次第に高くても仕方がない、となります。

本当に電気が無くなったら、植物から電気をつくりだすこともできますし、太陽電池で発電することもできますし、みんなが通勤に電車ではなくて自転車を使って、全員でバッテリに充電して、センターに手渡していき、会社でもその発電量が評価され、査定に影響して、今年は君は休まずよく発電したから、ボーナスアップで課長に昇給だ!ということになるかもしれません。

仕事は何をやっているのでしょうか?いや、分かりません。

まあ、発電量では若いものには負けるけど、何があっても休まない、雨でも雪でも発電し続ける忍耐力だけなら負けないよとベテラン社員が言っているかもしれません。

そうすれば、夜になっても電気をつけられないで真っ暗にしているというような電気不足の家が減ることでしょう。

そんなことはいいのですが、要するに、植物ホルモンなんて使わなくても、こういうアイビーのような成長力を何かに適用することで他の色々なことができるわけで、これを何かの農産物に適用すれば、物凄い安く作れるわけです。

でも、トマトでも安く作ってはだめで、高いトマトだけを売らなくては、マネーというものは手にはいりません。ただ、安くていいものばかりを作ればいいわけじゃないってわかって、経済社会ってややっこしいなということを痛感する次第です。






アイビーの葉の写真、裏側、葉脈




もみじか、カエデか、という美しさです。
以外にこれはきれいなのです。
日本の大きなツタと呼ばれるものより、西洋の小型のアイビーという観葉植物のほうが小さくて、
綺麗で風情があります。

このように1輪刺しでも絵になります。
もみじを育てるよりも、場所も手間もいりませんし、早く成長します。
大きくなったら、随時切り取って、飾りつけていくといいと思います。
しかし、植物がどうやっても育たない家というのがあるもので、原因は育てる人の知識であったりします。
また、何らかの理由で正常な判断ができない場合などに、
かなりの無理がある育て方をしようとしてしまうようで、生物、植物を育てられないということは、
人の健康を図るバロメーターであるとも言えます。
  
  





アイビーの茎の写真、太さ、断面、道管



よく、根も葉もない話、嘘というのがあります。一体何を考えているのか、この人は一体どういう至高展開でこういうふうになっているのか、一般人では理解できないことが多くあります。そういうことが頻発しているのが現在です。事件を騒がすのも、身近に街中で見かける困った人も、おかしなことを言っています。

本当に、なんでそんなことを言うのか?って思い、考えてみますが、やはり答えが出ません。それは普通の人が考えても分からないわけなのです。そういう根も葉もないことを言っている人の心理は専門家でないと推測もできやしません。だから、ほんと、普通ならこうだろうと思うこととだいぶ違うことをやったりする人には素人はかかわらず、直接、そのおかしなことを言っている人に何かを言うようなことはせずに、専門家に、対応するべき行政機関、つまり、警察に早く言って対応してもらうことが身のためです。

警察の人はがんばっています。そして、そういう、我々素人では理解できないことも、過去の問題行動を起こした人のパターンから理路整然と対処して、しかるべきペナルティや指導を行ってくれます。ほんと、そうです。素人にはできないことはプロにまかせるのです。

ところで、根も葉もない事をいいだすっていうのは、やはり、農業用語が起源だと思いますが、根も葉もない状態とは、茎しかありません。

これは、どういうこと??

意味が分かりません。とりあえず、茎に葉があれば、土や水に挿しておけば成長していけそうです。そして、葉がなくても、根があるある茎と根だけの状態ならば、いずれ、葉が発芽してきます。

ということで、これ以上長く、成長していくことはなく、ただ枯れ果てていくだけのことが明らかな状態と言えます。そう、それは根も葉もない嘘というのは、根拠がなく、まったく、成長の見られない話のことを言うと考えられます。

一切成長できない嘘はいずれ、暴かれて終わりです。悪態をついて周りの人達に迷惑をかけている意味不明な根も葉もない事をいう人もいずれ、裁かれて終了します。いずれにせよ、悪は世にはびこり、消えないことはたしかで、むしろ、巨大な悪はいまだ、成長しているかのごとくですが、それは論理的につじつまがあっているので消えることはない。

だから、悪ははびこる、などという、一方、根も葉もない話というように、論理的じゃないことを言っている人は、悪かどうかは関係なく、いずれ、消えていく。それは淘汰されるという表現が生物界では正しく、人間界では、社会、会社、住宅地の集まり、共同体から外れていくわけです。そういう感じで、場所を変えていくしかないという流れになっていきます。

これは何もこうもないのです。ただ、単にその人が周りから迷惑だと思われただけなのです。そして、それは本人は気が付きません。警察などの強い権力がから忠告されるとその後の展開が予想され怯えて、迷惑をかけないようになることが大半です。つまりは、すぐに警察などの強制的執行力のある行政機関に指導してもらうことが、そういおう根も葉もない事をいう人を止める、終わりまでいく前に止めてあげる最後の手段なのかもしれません。

だから、それにより、助かっている部分もあります。ですが、いまだ、そういう迷惑を取り締まるところまで警察に対応する余裕はありません。重大犯罪だけでいっぱいです。ただ、今では、昔は見過ごされていたような幼児虐待などが取り沙汰されています。一切、関与することがなかったこれらの事例が、確実にのちに大きな事件へと発展する可能性を持っているということが数字で明らかになってきているからかもしれません。

そういうわけで、虐待の可能性があるというのは、ただ単に騒がしく親が切れ続けて、子供が泣き続けている、それだけでも警察が入り込める、通報できる、対応するような方針になってきているようです。これは大進歩です。だいたい、周りの人が気がつくのは叫び声くらいで、それ以外のことは密室であり分かりません。だからこそ、それに対応することになったので、ただ単にキレているだけの親は通報されるでしょう。自分がキレていてはしつけなんて出来ませんし、そんなことしても子どもはまともに理解できません。ちゃんと、どういうことが問題で、こういうことを直さなければいけないということを伝えてやらなければいけません。

子供なんて、すぐに大人以上に体も精神が発達します。10歳を超えたら、切れてるだけの母親では何も意味がなくなります。その時に、意味が無いと思われれば報復されることもありますし、逆に、子供のほうからそういう親は要らないといいだすでしょう。いくら、自己満足で家事をたのしんで、幸せを演出しても、そういう問題があれば無駄になります。

そういう場合は、自分の感情をコントロールするように専門家に指導してもらう以外にありません。たとえ、親族でも専門家ではありませんので、親身に離れても、対応することには素人です。ですから、はやく、プロに任せてやってくださいと思います。そこに相談にいくのが親族の役目であるとも言えます。直すことは素人にはできませんので、ただ、連れて行くだけでいいわけです。



アイビーの茎は1本づつ一定の間隔で葉が生えています。


こうやってみると、葉の大きさがだんだんに小さくなっていき、間隔も狭くなっていきます。
先端ほど小さい葉が混み合っています。
成長とともに、大きくなり、間隔も広がっていくということが分かります。
  
  




アイビーの根の写真、太さ、広がり、細かさ


どこまでも、どこでも伸びていく、そしてあらゆるものに張り付く能力、これは人間の目や指の感覚ではツルツルの壁でも根をびっしりと貼り付けていきます。まるで吸盤?でも、そういう構造じゃないと思います。あくまでも隙間に入り込む繊維型のものだと思います。1本の太い根の先端でさらに細かい毛のような根があってそれが密着しているのでしょう。

まるで、ボンドで貼り付けたように、医療用ボンドで皮膚に張り付いた毛のようにとても密着していて大変不思議な光景をめにすることがあります。

これもまた、不思議です。しかし、人の肌なんてまだまだざらついていて凸凹しているものです。顕微鏡で見れば凸凹です。

でこぼこ道は走りづらいですが、ツルツル道もかなり危険です。先日、自転車ですっころんでしまいましたが、30年ぶりくらいの出来事です。

まじかよ?っていうくらいにびっくりしました。

別に段差があってそこでひっかかったとかだと、事前によろよろっとしながら、つまづくっという感じですが、見事にスコンとこけてしまいました。

最近では小学生が不思議そうに興味深そうに見るような感じで自転車というものを見るようです。どうやら、小中生くらいになると、大人が乗っているようなスポーツっぽい自転車が、ファッションとしてかっこ良く見えて、自分も目立ちたいという感覚におちいるのでしょう。

基本的には、そういうのは人よりも目立って注目を集めて、より多くの人目をひいて、その中で吸い寄せるように人をみつけていくという、ただの人の本能でしかあり得ないのですが、中学生くらいのころは、それだけがとがって出てきているようでやたらと興味ばかりが先行するようです。

ようするに、みんな持っている、あの子もこの子も、だから自分も。そして、なんでも欲しい欲しい病ともいい、欲深い罪でも有ります。あまり、これを開花せすぎると、マテリアルなんとか言って歌い出すかもしれません。。。

それはさておき、なんで、こんなにも簡単にコケるのでしょうか?自転車ってめちゃくちゃ危険ですね。

そう、思いました。

雨水が残っている地面であっても、普通に走らざる得ないでしょう。さすがに傘さし運転はする人は見ませんが、どこかへいって、帰り雨とかだと、レインウェアがあります。

それは覚悟の上で乗っている感じで、バイクなんかもそうだと思います。しかし、自転車は恐ろしく雨に弱いですね。

なんでこんなささいなことで、、っていう、熟練した乗り手でもすってんころりんです。なんで??っていうくらいにコケます。

それも、物理的に仕方ないくらいの出来事なのが多いです。接触事故は不注意が原因ですが、滑ってコケる危険物が設備として道路に設置されている、公が正式につけたものが自転車を瞬時に横転させ、大事故につなげる、こういう状態になっている道を自転車に走れという。。。

なんという最悪でしょう。

一例としては、車道の左側のハシにある、側溝、グレーチングです。これらは、ほんとうはバイクも自動車も走らない場所ですので、関係ありません。

ところが、自転車は道路のはしっこを走れといいます。交通状況としてもスピードから端っこしか走れません。

仮に60kmで走れるよっていう自転車の人も居ますが、無風、追い風、下り坂であって、ほんのひと時のことです。通常は30kmが限界です。

邪魔だから端を走れ、でもハシには、危険なグレーチングが数十メートルおきに設置されている。これはタイヤを挟み込んでロックするという、鎖骨折りマシンなのですが、雨の日には金属製のグレーチングが、瞬間横転マシンになり、後続の車にひきつぶされる可能性を示唆しています。

つまり、車道を走ったら、命がいくつあってもたりません。

そんな状況なのに、自転車は車道は走りなさいですって、当然、訴えたら直してもらえたりしますが、それは生きている時にしか文句も言えません。

それはラッキーなことであり、むしろ、大怪我をしないことが少ないくらいに危険です。

だけど、不思議なのが、昔、チャリにのっていた頃に道にそんな危険なものがあるなんてことはなかったわけです。

歩道の話ですが、歩道であっても、銀色のグレーチングなんてありませんでしたし、全部、コンクリートのどぶ板ですし、ぼこぼこ音はしても滑るコケルことはありません。

ところが、近年、グレーチングが流行り、安くなり多用され、歩道と敷地の間に河川がある場合にグレーチングで蓋をしていることがあります。

これが最悪です。

水路があったのでしょう。歩道と平行に歩道にそってグレーチングがずーっとつづいているのです。昔はドブ板です。

ドブ板がいかにいいか。。。マシだったか。。

グレーチングはドブを垂直に横切る場合には、滑り危険、ハマり危険を最小化しています。

これを、ドブのフタ代わりに使われると、なにを間違ったのか、そんなひどいことをしているところがあるんですが、グレーチングの上をずーっと走ることになるんです。

つまり、路面がグレーチングになっているロードを走る。。。

これが濡れた場合だと、地獄を見ます。

まず、金属グレーチングも2パタンあって、ドブ側に蓋を載せる台座があればいいんですが、ない場合は、蓋となるグレーチング側の両耳を鉄板で伸ばしてドブに落ち込まないようにかぶせています。

これが最悪です。もちろん、線状のグレーチングの上を濡れた状態で走るっていうのは危険ですが、この耳の部分は地獄です。

もう、アイスバーン、ハイドロプレーン、、、、こんな滑っていいのか?靴で歩いていても、全然、滑って、ツルツルしています。なんだか、油が塗ってあるみたいです。

多分、ぬっているような状態でもあるのでしょう。新品はとくに。

なんだか、てかてかして、つるつるして仕上げが良く出来ています。これが永遠数十メートルも続く道があるんです。

これはもう、雨が降った後には何台ものチャリをスクラップにしていることでしょう。こんなのが規制されない、そういう状況自体がクレージーです。どんだけ通行人を破壊すればいいんでしょうか?

これが車が通るような道にもあることがあります。ドブ板が古くて、ホムセンで安く買えるグレーチングを善意で住民が設置した場合などです。

これも車が来て、路肩によると、グレーチングの上を走る羽目になります。夜で知らない人が通ったら、100パー横転です。

スケートリンクをチャリで走ってごらんって言われて走るのって、無理です。それくらい無理です。

濡れたグレーチングはただの凶器です。車だけが安全です。

と、アイビーの根のようなグリップ力があればいいなと羨ましく思った次第です。
アイビーツタは家を破壊するなんて言われています。モルタルなんて、食い込んだ根が雨水を流し込み爆裂現象でモルタルを破壊していきます。じきに水が浸水して腐っていき、家を破壊です。

ある意味、有害植物であるとさえ言えます。たぶん、タワー型マンションもアイビー1つで破壊できます。外壁だけですが、

だから、アイビーを外壁に這わして植えてはいけません。 多分、高所制限もなく、どこまでも登って行き、地上200mくらいまで伸びていくでしょう。根の給水能力が高さの負荷を超えられないと言っても、全部の茎の全部の部位から発根しますので、壁についた雨水を吸い込みます。

つまり、高さによる成長抑制はなく、どこからでも、1から伸びていけます。

そういうことで、住宅マンションにとってはアイビーは最凶最悪の植物なのかもしれません。まあ、グレーチングに比べれば可愛らしいものです。

根元をバキッと折れば一応それで解決します。





あわせて読みたいページ









おすすめのページ!




おすすめの商品


[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

ゴキブリがいなくなるスプレーH(200mL)[ゴキブリ 駆除]
価格:880円(税込、送料別) (2016/11/25時点)


[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

小型風力発電機セット1500W
価格:415800円(税込、送料無料) (2016/11/25時点)





トマト菜の育て方茄子オールドレンズの写り種まき、時期、育て方大根イチゴエビ飼育うさぎ 飼い方レイアウト水槽ゴーヤー公園 自転車 クロスバイク改造フィルムカメラ 自家現像