葉、茎、根の壺 - 庭で自然観察




芽キャベツの(メキャベツ)のの葉、茎、根の特徴−害虫、病気、根腐れ−葉脈、断面、道管、太さ、広がり、写真−食べられる?わき芽







芽キャベツの(メキャベツ)の葉、茎、根の特徴−害虫、病気、根腐れ−葉脈、断面、道管、太さ、広がり、写真−食べられる?わき芽



芽キャベツの葉、茎、根の特徴

植物のなまえ(和名) 芽キャベツ(メキャベツ)
植物のなまえ(英語名) brussels sprouts
学名 Brassica oleracea var. gemmifera
葉のタイプ
茎の太さ、長さ キャベツ同様にとても太くて硬い、茎です。
根の太さ、張り方 根は丈夫で非常に太く、細かく、蜜に張ります。
葉に現れる病気、症状  
根に現れる病気、症状  
説明 不思議な不思議なアブラナ科の野菜です。

キャベツかといえば、そうでもないような感じです。

ベルギーが原産で涼しい気候がいいようです。

たしかにそんな感じで、あまり改良されていなく、野性味の残る感じです。

世界は自然的には地域は大きくしか変わりませんが、国境を境にだいぶ変わってしまいます。また、せっかく、植物や食生物が育っても一時的な争いで全てが燃えてしまうこともあります。

非常に難しい状況を乗り越えて今まで残ってきたわけで、そうした、これらの珍しい植物の種を残すということは現代になってから、常識になり、冷凍庫などで、厳重に、DNAなどは未来永劫残ることでしょう。

それをどう活かすかはわかりません。

それより、このメキャベツを活かす方法を考えたほうが良さそうです。

メキャベツはスープ、パスタ、シチューに合います。

キャベツの感じはなく、形がキャベツのブロッコリーに似ています。





血行が悪いと育ちが悪いです。それは植物も人も同じで、肩がこると、実際には首の筋肉なんですが、筋肉がコル?っていいますが、実は、筋疲労を起こして、もう動けない、、ッて感じで、力が入りっぱなしの状態になると、という意味です。

やはり、周りには血管があるわけです。顔や口へいく血管もあり、多かれ少なかれ影響をうけるのでしょう。

歯茎が痛くなることがあります。

これは、ほんと困ったもので、仕事にならないので、定期的に運動をして血行をよくしてからやっているのですが、血行をよくするための運動が首の筋肉を疲労させていたら困ります。

たしかに微妙です。

疲れたのか、軽く動かして元気になったのか分かりません。

そして、終わらない作業をずーっと待っていて、朝になって、次の日の朝になって、その次の朝になって、数週間続き、数ヶ月待たされた人は苦痛を伴います。

それが待たせている人が居るっていう自覚がない人が管理責任者だとそうなります。

ほんと、それが理由です。人を待たせておいて待たせることが悪いと思っていない場合、例えば、人当たり良く、波風を立てないと、お客さんの言われたことをそのまま聞いて、膨大な注文を安請け合いします。

そして、当然、終わるはずがない作業なので、延長します。もちろん、責任者はずーっと仕事部屋に居ます。数ヶ月間の泊まり込み、着替えに帰るくらいだけです。

それで、その人はいいんだという人で、むしろ、それにやりがいを覚えていて、、そういう仕事のやりかたばかりしています。

その人は周りの人や家族の人がどれだけ待たされているかわからないのかもしれません。

ほんとうにデキないものは受けるな。ということと、メンバーを待たせたり家族を待たせるのは、ダメなことなんだぞ。ましてや、お客さんをどれだけ待たせたか?って考えたら、安請け合いしたことのほうが罪なのではないかと思う。

いずれ、体にがたが来て、そういう仕事のやり方ができない、間違っていたと気がついて、もう復帰はできないのでしょうが、それでも、周りの人たちが振り回されているわけです。その責任者が恨まれていて、別に体調が悪くなっても同情する人がいなくても、その家族は困ります。待たされていることによる心労で、ささいな不注意から思わぬ失敗をしたりするかもしれません。

そんなことはやはりよくないわけです。

責任者になるからにはタフなんでしょう。そして、人当たりも良い。ここまでは才能、センスです。

それは大いに伸ばすべきですが、問題は、そのあとで、周りの人を待たせない、振り回さない!それだけが大事です。ほんとはデキる子なんです。そういう人は。

誰か実家のお母さんをよんできて、説得してもらってください。 「ほら、おまえのかあさんもきているぞ!みんなしんぱいしてるんだ、早く、そんなところに閉じこもっていないで!帰って来い!〇〇雄、、あなたはやれば出来る子よ、わかるんだから、みんな待っているから早くかえってきなさい!だれも、怒ったりしないから!」

と、メガホンで叫んでほしいものです。





芽キャベツの葉の写真、裏側、葉脈




これはなんでしょう?


こんな風にできていきます。
これがメキャベツの群生です。


上から見ると、結球していないキャベツです。


で、なんと、
葉の下にはこんなものがたくさん出ています。
何かの異変でしょうか?


大量すぎる芽キャベツです。
キャベツだとこれだけ取るには、何アールも畑が入りますが、メキャベツは2,3本です。
  
  





芽キャベツの茎の写真、太さ、断面、道管




最初は、脇芽だということがわかります。
こんな感じで茎の付け根に1個づつ、芽ができます。


そして、下部から徐々に大きくなってきます。
しかし、ほとんど一斉に大きくなるイメージです。


そして、撮り終わると、こんな姿に。


メキャベツのとりさった後の茎です。目がいっぱい並んでいるようで怖いです。
  
  





芽キャベツの根の写真、太さ、広がり、細かさ


メキャベツもキャベツ同様に細かい強烈な根をしています。

ほぼ同じだと言えます。

この根は一体どうしてこれほど強靭なのかというと、やはり、茎を見るとどう見ても、木か、何か、特別なものだと思います。

こんな変わった植物があるなんて、初めて食べた人はすごいと思います。

ブロッコリー、キャベツ、メキャベツ、なにか、人為的に作り出された野菜のようなとてもテカテカして、自然ばなれした感じがあります。自然の中にこういうものがあったでしょうか?

なにか、熱帯地方にありそうな感じだったり、サボテンのような観葉植物の仲間のようにも見えます。しかし、実態は寒さを好む寒冷向きの植物です。

寒いからこそ育つ、寒い所で育つために進化した、、そういう感じで包まれて光沢があり、甘みを蓄えて、凍結を防止しているという、それが人にとって有用であったために、野菜として身近に食べられる食材となったのです。

そう考えると、寒い地方でも育つ、とても心強い野菜です。多分、ケールでもキャベツでもブロッコリーでもメキャベツでも栄養は似たようなもので、とにかく、これらの似たような植物を食べていれば色々と栄養素が吸収できそうです。

ものすごい数の栄養素が入っていると聞いたことが有りますが、確かに、緑成分やVCだけじゃない何かがたくさん入っていそうです。

あまり、薬用とか有用とか健康食品のようなことを言うといけないというのが現代ですので、なるべく、とりだてて、その成分を強調し過ぎるといけない気もしますが、だいたい、ほんとうにたくさんの物質をこういう植物から摂取しているわけです。微量ながらに、いいものわるいものがあるわけで、それでも、食べたいと感じるなら、必要なのかもしれません。

ただ、それは美味しいという感覚に出てくるもので、まずいと感じるものはあまりよくないかもしれません。それが体の本能というものでもあります。








あわせて読みたいページ









おすすめのページ!




おすすめの商品


[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

ゴキブリがいなくなるスプレーH(200mL)[ゴキブリ 駆除]
価格:880円(税込、送料別) (2016/11/25時点)


[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

小型風力発電機セット1500W
価格:415800円(税込、送料無料) (2016/11/25時点)





トマト菜の育て方茄子オールドレンズの写り種まき、時期、育て方大根イチゴエビ飼育うさぎ 飼い方レイアウト水槽ゴーヤー公園 自転車 クロスバイク改造フィルムカメラ 自家現像