葉、茎、根の壺 - 庭で自然観察




キュウリの葉、茎、根の特徴−害虫、病気、根腐れ−葉脈、断面、道管、太さ、広がり、写真−食べられる?







キュウリの葉、茎、根の特徴−害虫、病気、根腐れ−葉脈、断面、道管、太さ、広がり、写真−食べられる?



キュウリの葉、茎、根の特徴

植物のなまえ(和名) キュウリ
植物のなまえ(英語名) cucumber
学名 Cucumis sativus L.
葉のタイプ
茎の太さ、長さ 茎は直径1cmから2cm、根元では3cm程度になることはほとんどありません。

茎の長さは2m〜3mくらいには伸びていきます。南瓜などの接ぎ木苗を使うと、よりいっそう、成長がよくなり、長く、太く茎が伸びていきます。
根の太さ、張り方 根はとにかく長く伸びていきます。
長く伸びるということでは、キュウリは一番伸びるのではないでしょう?ほぼ、ツルが伸びているのと同じくらい、根の中心となるものが伸びています。水耕などでは5m程度伸びたりすることもあるそうです。
葉に現れる病気、症状 モザイク病:モザイク状に葉が黄色くなる
うどんこ病:白い粉をかけたように葉全体が白くなる。
根に現れる病気、症状  
説明 ウリ科キュウリ属の植物です。

キュウリ属というのがあるだけあって、代表的な植物です。この中にはメロンやマクワウリも含まれるそうです。

つまり、ほとんどキュウリぽいものはキュウリであるといっていいようです。マクワウリもキュウリだったのかと、少し驚きです。

古くから日本に入っていますが、元はインド、ヒマラヤ原産といいます。

これは暑いのか、寒いのかよくわからない地域な感じがしますが、暑い、寒い、ある程度の範囲があり、むしろ、暑すぎるのには耐えられないというキュウリの特徴を表しているかもしれません。

また、マクワウリのように強烈に暑いのを好むものもあるのがインドという場所ならば可能なように感じます。

日本ではキュウリは独自の、独特の改良が進んで、和食に合うように、本当に独自路線を進んでいます。

真っ直ぐなテカテカキュウリ、硬くて、保存が効く、中はジューシーというものです。

こういうのは、世界のキュウリとはだいぶ違います。

どちらかというと、シロウリなどが世界のキュウリに近い気がします。

近年は珍しい食材を育てようという生産地が増えてきて、様々な品種を試したりもしているようです。

需要は漬物が多かったり、食品製造業への卸需要が多く、やはり、規格品を大量に安く作ることが求められたりしているようです。それでも、海外で作ってしまおうという流れもあるようです。

キュウリは、非常に手間がかかり気を使います。

なんでこんなに面倒な植物があるんだ?というくらいに大変です。

気温の低下で一日で枯れてしまいます。暖房をつけたビニールハウスで育てます。

もう、家です。

こういうものを育てているので、店頭では、1本あたり、100円弱という時期もあります。

恐ろしいです。きゅうり1本で何を作ったら100円分の価値になるのか?

キャビアでも添えないと釣り合わなさそうです。

それにしても、簡単に美味しく、たくさん収穫できる家庭菜園の楽しみとしての広がりもかなりのものがあります。

手軽さでいえば、キュウリは大変手軽です。季節さえあえば、もっとも簡単であり、はやく収穫できます。人気の野菜です。





日本の農業はかなり変わっていて、私達には到底理解できないようです。技術はかなり高いと思います。器用で真面目で手間を惜しまない、正直者であることがある意味、ステータスであるとも言えます。

しかし、収益構造にはだいぶ不思議があるようで、これを合理化したら、もう、原型がなくなるんじゃないかっていう感じがします。そういうデータがたくさんあります。

そもそも、なんだか、農産物が少ないイメージですが、農地の広さが少なく、さらにその少ない農地の中でもそのかなりの部分で農業生産をしていないという状況らしいです。それでも、まだ、もっと、農産物の値段をあげたいと、色々な手をつくしているそうです。

これ以上、流通量を減らしてもさすがに高くて買わないでしょう。また、流通システムだって今はネットワークが広がっているので、手数料をとれるとは限らないです。しかし、昔ながらの人がやっていることが多いのであまり気にならないのかもしれません。ただ、農地は農地という設定と固定資産税の特別な値段で包囲されていると言えます。

だいたい、農業はまだ、保護されていてもいい、それほど影響はないですし、国産の植物が食べたいので保護していいと思いますが、家と土地で固定資産税がかかりますが、土地だけだと、家が建っているのの6倍の固定資産税がかかるんですって。

ひどすぎる。だから空き家が増える。空き家というか、家を建て壊すと、税金が高くなる、かつ、解体費用に150万とかかかるわけです。

そんな、利用できない状態の家をかたづける、つまり、粗大ごみを捨てるようなものですよ。それに150万円って、下手すりゃ、数百万円。これもまた、値段があってないようなもの。知らない人が鵜呑みにすると大変です。

つまり、建て替えるから、建築業者を通してトータルで発注してもらえば、解体費用もそこそこ抑えられるんですが、個人が解体なんて頼んでも高いわけです。

家を建てる、税金がかかりまくって、しまいに後片付けでも取られる。

相続でも取られる。

それでいて、家というものを住める状態にするためには設備が正常でないとだめ、屋根、壁、これらがほんとうに脆い材質でできている、そもそも木がメインですし。もう嫌になります。

到底、素人がメンテをまともに出来るとも思えないです。じゃあ、マンションで、、って、それでも、素人の集まりがメンテを依頼するわけで、誰かが詳しくならないとなりません。しかも、大きい工事ですから難しい。素人にできるはずがありません。

そこで、そういうアドバイザーもいるわけですが、、、

それにしても、なんで、この国、住むのにこんなに金がかかるんだ?税金だけでも、北欧みたいじゃないか、いつか、昔、北欧は税金が高くて辛いけど、補償がしっかりしていて、絶対に困らないだなんて言われていましたけど、日本は税金が安い?なんて言うのは幻想だったようです。

ほとんどの税金は元に高い、とてつもなく高い金額が設定されていてそこから、減税される仕組みになっている、いざとなれば、いくらでも減税措置を撤廃して高くとてつもなく高くできるわけだと気がついたのは、おとなになってだいぶ経験を積んでからでした。

びっくりしますね。さすが、税収のとれる余地だけは絶対確保、これは、年金格差もなくならないでしょうね。将来的には、公務員以外は生活が保証されないとかなったら、ほんとうに地獄です。こんなことを考えるとは思っても居ませんでした。

当然のように、今の子供達の夢は立派な公務員になること。第二に立派な大企業のサラリーマンになること、年金を将来もらうこと。

これらが夢となるのは必至でしょう。 最大の夢が生活の安定です。それはもちろん、そのとおりなのですが、その夢の実現度合いが、ほんとうに夢のようですから。

公務員か、大企業のサラリーマンになるためには、今の世代の子供達の倍率でいえば、相当なもので、ほんとうに、いい大学に入った人の中の、さらに一部の人だけになっているのが現実です。

それが酷いということです。安心して生活できるような感じを味わえるのが、ほんの一部の人口だけだとすると、大部分の人は将来は終わっていると感じながら、若い人が年をとっていくわけです。

つまり、ある段階で、自分は一流大学へ入れないから、公務員も一流企業も無理だと悟った段階でもう、投げ出すことでしょう。

そうなった人が常に居て、さらには会社で過労がたたって、辞めざる得なくなった人なども同様です。これらの人が一体どういう風になっていく?考える?

それが一部じゃなくて、大部分がそういう風になるわけです。これからそういうふうな世の中になっていくわけです。 それでいいのでしょうか?

これからは、生活の維持費を極限まで下げていき、しのぐしかないのでしょう。そして、金を取ろうとする売主、金を出来る限り払わないようにしようとする消費者の争いが後を絶たず、消費者センターのようにトラブル化することが増えるでしょう。

これでは世の中楽しいわけがありません。仕事をする人も消費者。仕事をするのも辛い、消費者になった時も辛い。これじゃ、誰もが消費者であり、仕事人であるので、いつでも、人と争っていなければなりません。なんていうことでしょう。誰も信じられない、ダマされるっていう警戒をしていないといけないなんて。

そうですね。最悪です。

ま、でもそれも自然の流れというものでしょう。





キュウリの葉の写真、裏側、葉脈




キュウリの葉です。
ところどころまだらに色が違っています。


裏面です。
まだらに裏側も色が抜けています。
つまり、枯れ始めています。


葉の付け根です。
葉脈が綺麗にでています。


色々な状態の葉です。


これは若いキュウリの葉です。


これは虫食いのキュウリの葉です。


だいぶ、食べられた葉です。
食べたのはウリハムシです。


これは綺麗な状態の葉です。


これは、キュウリの葉の裏に何か白い小さいものが無数に付いている様子です。


なんと、虫です。
これは害虫で、もう、このキュウリは終わりでした。


部分的に溶けるように抜ける葉です。
  
  





キュウリの茎の写真、太さ、断面、道管




葉付近の茎の様子です。


断面はゼリーのように透明です。


フキのようにも見えます。


キュウリといえば、ジューシー。
水分が豊富なのが特徴ですが、茎の中にはかなり太い道管がびっしりと詰まっています。

  
  





キュウリの根の写真、太さ、広がり、細かさ



  
  







あわせて読みたいページ









おすすめのページ!




おすすめの商品


[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

ゴキブリがいなくなるスプレーH(200mL)[ゴキブリ 駆除]
価格:880円(税込、送料別) (2016/11/25時点)


[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

小型風力発電機セット1500W
価格:415800円(税込、送料無料) (2016/11/25時点)





トマト菜の育て方茄子オールドレンズの写り種まき、時期、育て方大根イチゴエビ飼育うさぎ 飼い方レイアウト水槽ゴーヤー公園 自転車 クロスバイク改造フィルムカメラ 自家現像