葉、茎、根の壺 - 庭で自然観察




韮(ニラ)の葉、茎、根の特徴−害虫、病気、根腐れ−葉脈、断面、道管、太さ、広がり、写真−どこから食べられる?一番ニラ







韮(ニラ)の葉、茎、根の特徴−害虫、病気、根腐れ−葉脈、断面、道管、太さ、広がり、写真−どこから食べられる?一番ニラ



ニラの葉、茎、根の特徴

植物のなまえ(和名) 韮(ニラ)
植物のなまえ(英語名) garlic chive
学名 Allium tuberosum Rottler ex Spreng.
葉のタイプ
茎の太さ、長さ 茎という、葉という、明確な区別がつきにくいですが、直径5mm程度のしっかりとした肉厚の、しかし、柔らかい茎があります。
根の太さ、張り方 根は太く、くねくねと、たくさん、生えていきます。
葉に現れる病気、症状  
根に現れる病気、症状  
説明 ニラというのは特別な植物のような気がします。

しかし、日本でも古来から存在していたことが記されています。

花が8 - 10月頃に咲きます。真冬とそれ以外はほとんどの時期には葉だけの状態で成長して、葉を食べることが出来ます。

多少固くなっていきますが、何年も栽培し続けることができます。

冬場には一度、葉は枯れてしまうこともありますが、根が残り、暖かくなると新葉が伸びてきて、非常に長期間栽培して収穫し続けられる珍しい植物です。

日本で言えば食用野菜ですが、ハーブとも考えることが出来ます。

原産は中国、モンゴルの辺りで原種が存在しているそうです。

料理にもよく使われていることからも、身近な存在であることが分かります。

保管には、冷蔵庫に入れておくときも、水をつけるとすぐに溶けて非常に強烈な匂いを放ちます。

乾燥気味で保管したほうが長持ちします。

葱よりも腐りやすく、匂いもかなりキツイので注意が必要です。

冷蔵庫の中全体がいつまでも嫌な匂いに包まれています。

ニンニクに近い匂いで、硫化アリル(アリシン)という成分です。

国内でも餃子にはかかせない食材の1つとなっていて、一番、用途が多い料理の1つとなっています。他には、レバニラ、チジミなどにも使われていて、その突出した存在感を活かした料理が多いです。





ニラは、どこからどこまでも食用にしかなりません。

というか、見た目が地味すぎて、観賞用ということには難しいでしょう。ドクダミのように踏むと臭い雑草のような扱いなのかもしれませんが、ドクダミにも良質な成分が含まれていることがわかってからは存在価値が変わり、扱いが手のひらを返したようになりました。

こんなことがニラにもあったのかもしれません。

ニラと水仙は葉の時だけは非常によく似ています。

これを畑に植えると間違えて食べてしまうことがあり、食中毒になることがあるそうです。注意してください。

これは、花が咲かない限りは水仙なのか、ニラなのか、分かりません。

ギャンブルで食べてみるのか?匂いでもわかりそうですが、ほんとうに混在してごちゃまぜに植えると、もはや、わかりません。

また、繁殖力が強くどちらも、近くにあると次第に広がっていき、混じってしまうことがありますので注意が必要です。



最近では、去年よりも2週間も早く木枯らしが吹き始めましたとテレビが言っています。昔は寒いことは言わなかったのですが、最近のテレビは寒さを堂々とアピールして注目コンテンツにしています。また、ニュースという番組はネットの動画やニュースサイトをテレビに映し出しています。

ハイビジョン放送になったとはいえ、スマホの動画をYOUTUBEにアップしたりしたものを流しているので、ハイビジョンで見れるのはスタジオの顔だけです。顔をみるためにハイビジョンを導入したのか分かりません。

しかし、こういう寒い日にもだんだんと慣れてきたようで、別に観測史上最低とか、記録更新なんてことにもすっかり慣れてしまいました。

寒いことはもはや分かりきっているし、冬が長くなったことも知っています。あきらかに、冬が長い、、今年も木枯らしという、北風が吹き続ける厳しい冬が、早く始まりました。

また、春になっても雪が残るのでしょう。

毎年、雪で道路が凍結している時期があります。昔は2,3日も無かったのですが、最近は2週間溶けない感じで、それが2,3回繰り返されます。これがどんどんと伸びているのでしょう。

雪がふらなくても、寒すぎて溶けません。こっちのほうが雪よりも寒いのです。そして、その凍結路面の間、乗り物は乗車困難になるものもあります。自転車などは無理でしょう。通勤するのに使っている場合は大きなダメージです。




ニラの葉の写真、裏側、葉脈







立派な姿です。


葉が非常に長いのが特徴です。


  
  





ニラの茎の写真、太さ、断面、道管




葉なのか、茎なのか、わかりませんが、ここは葉でしょうか?



おそらく、ここの白い部分から緑の部分が茎なのかもしれません。
こういうタイプの植物には茎という考えはないのかもしれません。
途中から枝分かれしません。

むしろ、カブがわかれるので、地下にあるほうが茎なのかもしれません。
  
  





ニラの根の写真、太さ、広がり、細かさ





  
  


ニラというのはとても強い植物です。

植物としては、よくある強さです。

ただ、食用野菜としては強く、大変強健です。それはハーブという、野草に近いグループに当たるかもしれません。

なんらかの化学物質が入っていて臭いを発し、それの影響を受けようとする人の魂胆です。それが悪影響を与えれば、毒となり、規制されることになります。

ニラは活力アップなどといい、良い影響があるとされています。小さい動物には毒であったりします。

小さいこどもにも与える量も考えないといけなさそうですし、個人差があります。それが好き嫌いというものです。

好きなモノは欠乏しているものであり、嫌いというのは個人的にその成分はいらない、悪いという意味であると思われます。

好き嫌いでからだが太ったら?肥満になったら?それしか考えていません。

ただ単にそれは運動量とストレスと摂取量の問題であって別問題です。

ニラも食べたい時に食べる、だいたい、大人、調理する人が食べたい時にメニューに入れるくせに、それを食べる子供には選択権はありません。こんな矛盾をおかしいと思います。

だいたい、狭い空間では王者であるわけですが、それが世間で大勢の中で照らしあわせてみるといかに陳腐であるかがわかります。でもそんなレベルでもなにも疑問を持つこと無く、自分が王者のように道を進んでいます。それはまだ、自分の考えが未熟であることに気が付かないのです。

家庭内では気がつくことはありません。文字通り王者だからです。

それがいかにこれからの新しい人を作るのに影響を与えているかと思うと疑問を持ちます。

まあ、そういう人が気がついて修正するっていうことはあり得ないくらいにないことです。それがだいたい、自然の法則っていうものです。

つまりは、ニラもほどほどにっていう気もします。




あわせて読みたいページ









おすすめのページ!




おすすめの商品


[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

ゴキブリがいなくなるスプレーH(200mL)[ゴキブリ 駆除]
価格:880円(税込、送料別) (2016/11/25時点)


[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

小型風力発電機セット1500W
価格:415800円(税込、送料無料) (2016/11/25時点)





トマト菜の育て方茄子オールドレンズの写り種まき、時期、育て方大根イチゴエビ飼育うさぎ 飼い方レイアウト水槽ゴーヤー公園 自転車 クロスバイク改造フィルムカメラ 自家現像