葉、茎、根の壺 - 庭で自然観察




小松菜(コマツナ)の葉、茎、根の特徴−害虫、病気、根腐れ−葉脈、断面、道管、太さ、広がり、写真−食べられる?一黒い点、虫食い、固い







小松菜(コマツナ)の葉、茎、根の特徴−害虫、病気、根腐れ−葉脈、断面、道管、太さ、広がり、写真−食べられる?一黒い点、虫食い、固い



小松菜の葉、茎、根の特徴

植物のなまえ(和名) 小松菜(コマツナ)、冬菜、鶯菜
植物のなまえ(英語名) komatuna
学名 Brassica rapa var. perviridis
葉のタイプ
茎の太さ、長さ 普段は見えないですが、花が咲く時期になると、急に伸びてきます。
葉が小さい分、茎も細めです。
根の太さ、張り方 根はそこそこ張ります。
栽培期間が短く、すぐに収穫してしまいますが、冬の間を越えた株は乾燥と寒さに耐えているので、びっしりと細かい根がはっています。
葉に現れる病気、症状  
根に現れる病気、症状  
説明 江戸時代に小松川近くで茎立菜という菜を徳川将軍 吉宗に献上したことにより、一躍有名になりました。

数多くある、献上品の野菜バージョンのものです。

かなり、有名になり、関東地方の主要な菜になりました。

その後の栽培が盛んで、ほとんど一年中栽培可能で、ホウレンソウよりもたくさんで周り、近年の品種改良で様々なアブラナ科を交配してできた強烈な勢いと歯ごたえを持った、昔とは違う、コマツナができてきました。

コマツナは、暑い時は1ヶ月かからずに収穫できます。

肥料も本当に少しあればよく、しかし、短期間で大きくするには結構必要だったりもします。

夏場は防虫ネットが必須で、場合により農薬がないとどうしようもない時期もあります。

秋の早い時期や春に、防虫ネットを使うともっとも効率的に早く収穫できると思います。

例えば、葉が4枚程度で出荷されスーパーで販売されているようなものがありますが、家庭で同じように育てて、葉が4枚になったときに、大きさの違いに驚くことがあります。

かたや、しゃもじくらいあるのに、家で作ったものは、プリンを食べるスプーン程度にしかなりません。

これは日当たりと肥料によるものです。

また、そのまま育てると徐々にゆっくりと大きくなりながら葉数を増やしていきます。

この方が自然といえばそうですが、じっくりと待ちながら、葉をいちまいづつ収穫していくといいです。

春になると、花が咲きますので、それまでとなります。また、冬場は2,3ヶ月程度かかってやっと収穫できることもあります。

冬の寒い時期に育てたほうが甘みが増すということもあります。

しかし、なんといっても、今馴染みがあるのは、夏場に短期栽培されたコマツナで、炒めものに使われる、茎が太く緑が鮮やかなものだと思います。

昔ながらのコマツナは葉が柔らかく、ほんとうにさっぱりとしていて、地味です。





コマツナとは大したもので、関東の一部の地域の名前が野菜の名前になって全国区になりそうであります。

でも、意外と知られていなく、東北からでてきた人がコマツナって美味しいですね。最近、癖になっています。

と、いっておられました。

しかし、コマツナしかないんです。関東地方には。

春夏秋冬、いつでもコマツナしかありません。これでもまだ、コマツナに新鮮さを覚えますか?

つまり、関東の方では、葉、野菜=コマツナという考えしかありません。

安いですし、1コインで買えますから、定番なんでしょう。ただ、ぶっちゃけ、菜の花の葉なんてどれでも一緒の味しかしません。

別にいいや。とおもうわけです。

コマツナ、ホウレンソウ、ハクサイ、大根、キャベツ、、、、

これさえあれば、定番を押させておけば、全ての他のものは似たような味がするので代用可能なのです。

現にコマツナは、他の野菜の品種と掛けあわせているものが流通していますので、なにがなんだか分かりません。

ただ、なんだか、懐かしい響きです。

でも、子供の頃食べたコマツナといま売っているコマツナは別物です。

美味しいですが、もう、違う味がします。

そういう一方、地方へいくと、大変多くのご当地野菜が出迎えてくれて、楽しい物があります。

野菜は料理のレパートリーを考える最高のトッピングです。

肉は、3種しかありません。

魚は高いので、これまた、実用性は3種。

そうなると、牛丼屋で牛丼を食べている方がいいかなと思うくらいに少ない種類です。

今、食卓の料理の種類は激減しています。レトルト惣菜でカバーしている感じです。

いいですよ。なんでもあります。レンジで1分で、できて、ダイエット用にカロリーが低いものもあります。

それで、たいてい、外食なんて言うと、

1.牛丼

2.さぬきうどん屋

3.ラーメン屋

4.お好み焼き屋

以上になります。


安い居酒屋はもう、 夜でもあまり入らなくなりました。

飯でいいです。余計なものは買えません。

この1,2位は普段の食事で、3,4は特別なことがあったときのご褒美です。

もっといえば、普段は100円のレトルトか、お茶漬けとなります。

外食でいえば、通常は270円。250円くらいの時が良かったのですが、それで運用しています。

さぬきうどん屋も、これまた、一番安いものが一番美味しいんだからしかたない。300円しません。牛丼かかく。

さっぱりとしたいときはうどん、こってりは牛丼。

あとは、おちゃづけとレトルトで流すと、たいていシフトが組めます。

こんなことをやっているのはさほど少数派ではなく、たくさん居ます。

食費が、1万円くらいで住むのでは?ないでしょうか?

じゃあ、野菜は?

別になくてもいいんだとおもうんですけど、一応、気休めに食べると、すると、こういう草を買ってきてかじるという感じが一番いいです。

だいたい、おかずにならないと意味ないのですが、おかずに入れるには調理してお金がかかります。

自炊するよりも、牛丼、うどんを食べるほうが安いんですよ。

コマツナ100円、肉300円、その他、、、+コメ

あきらかです。

だから、野菜は、ご飯食べた時にかじっておけばいいんです。

とくにいいのが、まあ、土を用意して、適当にコマツナをはやしておいて、気が向いた時にむしゃぶりつけばいいわけです。

なんで野菜が体にいいって誰が決めた?

そして、実用的なのが、トマトで、トマト缶を買えば、大量に入っていて、料理がおいしくなります。

これで、野菜の摂取量はそうとうな量を年間に摂取しています。






小松菜の葉の写真、裏側、葉脈




昔ながらのコマツナの葉です。
派手さはありませんが、優しい柔らかさがあります。
  
  





小松菜の茎の写真、太さ、断面、道管




蕾が出てきました。
この頃には茎が伸びているので、確認できます。
  
  





小松菜の根の写真、太さ、広がり、細かさ




根はとても細かく、かなりの量になっています。
これも、長期間栽培した結果です。3ヶ月以上たっています。

コマツナだからといって、1ヶ月で終わるわけではありません。
徐々に葉を収穫していけば、これだけ根がはることもあります。
  
  


しかし、根は大事です。

根本からおかしい、根底から覆す(くつがえす)、これらのように全てのことは根から始まっています。人も根からできていると考えることもあります。そういうわけで、とにかく、日本語の中にはいたるところに根という文字が入っています。

これはつまり、根は全てであり、根が悪いと全てがだめだ、うわべだけ色々取って付けて変えても、無意味だよっていうことを表すことになります。

とにかく、身の回りのことで根本的に、根底からおかしいよな?やっぱり。って気がつくことがあるものです。それがいつなのか、気がつない人もいます。おそらく気がつない人の方が圧倒的に多いかもしれませんし、それのほうが楽しいです。

さて、例えば、どういう時に気がつくかというと、行政を信じていた時に、マーケティングを信じていた時に、根底からこりゃ駄目だって思うことがあります。

ある一例として、自転車にまじめに乗ってみましょう。すると、いかに、今まで見えなかったものが見えてくるか、あまりの衝撃に軽くショックを受けて、嫌になるかもしれません。

それはわかりやすく言うと、例えば、ママチャリと言われる自転車であったり、軽自動車という存在。さらに電動アシストが付いたママチャリ、これらのものは全て、元々あった規格の乗り物からある種、楽に簡単に乗れるように簡略化されたものです。これがどうしてこういう風なものができたのか?それは考えるまでもありません。売るためにです。売って利益を出していかなければ、いけない制度になっていますので、当たり前です。

すると、どうなるか?? ある種、傍若無人な感じで横暴なチャリが増えるというだけです。とにかく、本来、できないことを無理やりできるようにして売られているものというのは、それを運用する手段が確立されていない部分があります。

これはつまり、なんで、軽自動車はチャリを見ても減速しないし、横断歩道で歩行者に頭下げてありがとうといいながら、車のくせに横断するんだ??本来、運転しちゃいけないくらいの注意力がないのに運転しています。こういうのは最悪です。

また、おそらく、今まで無意識であった殆どの人も、ある種、心持ちの高い人は子供に自転車を載せるかどうかという時に、悩むわけです。

ここで自分が考えても居なかったのに、気がつくわけです。チャリに道がないと。

また、歩行者というのがいかに無神経で不注意で歩いている人が多いかということ。これはある人はかなり気遣いが出来て注意力があり、年齢によらず、最高な人も居ます。10歳以下の子供でさえ、歩道でチャリの道を塞いでいたのに気がついたら、怒ってもないのに、すいません。すいません。と、若干、ふざけながらでも気遣いをしてきます。あまりにおかしくて笑ってしまいましたが、素晴らしいことです。さらに、足元がふらつくような感じで歩いているかと思ったら、ものすごく紳士的に道を譲ってくれる方も居ます。本当にこころから頭がさがる思い出、ありがとうございます。といいます。

これらは、いい方の例で、チャリ乗るとなんていい人、できた人が居るんだと気がついた例です。ただ、関わるほとんど場合が悪い例で、、

悪い例とは、

歩行者、特に、見ただけでこの人は絶対、何か危ないことをやると感じる場合、必ず、チャリで追い抜く時に、通りすぎるときになにか危険な思いをさせられる。これらは、もちろん、河原沿いの十分に広い道で十分な安全速度に徐行しての話で、徐行していなかったら、コケて怪我させられています。

こんなことが数日に1回くらいあるから、ほんとにチャリは基本的にコケても大丈夫な人だけが乗っているべきです。また、コケても平気な速度で乗るべきです。

ほんとに、急に天気がよくなると、みなおかしな注意力0の歩行者がウロウロしています。とくに、年齢とかは限らず、とにかく注意力がない人が多いわけで、それらの人はもう少し安全歩行を心がけるべきです。

たとえば、いきなり、空き缶を投げ捨てるどうさをチャリで追い抜く時にされたとき、空き缶が車輪に挟まりそうになりました。挟まったら、警察に突き出してやろうと思います。

また、ほとんどの集団であるいている人たちは本当に気が付きません。全く、気が付きません。そして、対向者として、目の前に走ってきているチャリが居るのに、見えているのに全く気がつかないふりをして全く、危険回避行動を取りません。道をずらす、速度を落とす、などをせずに、ひたすら、ぴーぴーとしゃべり続けています。

その横をさらに、不注意な注意力のない軽自動車が猛スピードでやってきて、間に挟まれた場合、軽自動車は全く、徐行しないわ、歩行者集団は道をふさいで全く気が付かないふりをするわ。最悪極まりありません。全部、同じタイプの不注意、留意力欠損状態の人です。

こういうまじめに自転車に乗る前は気が付きもしないことが見えてきます。いかに、この国は注意力欠損状態で歩いている人が多いのか?また、全く考えないで走るチャリもいます。

ある程度、経験すると、自動車の運転を覚えると、同じことを感じるようになりますが、そういうことさえやらないで過ごす人が多いので、やはり、町中を歩いている大半の歩行者はほぼ、注意力がない状態だと思ったほうがいいくらいです。なんで?こんなに??

って思うと、テレビを見ていると、例えば、売りたいサービスの単語をいきなり不自然に話しだして、VTRが流れて、業界関係者がインタビューに答えています。なんだか、ちぐはぐな回答のやりとりですが、つなぎ合わせがうまくいかなかったのでしょう。

そして、CMへ入って、ものすごくターゲットを限定したサービスのCM。つぎの特集が不審な詐欺が流行っています。注意してください。もろにその不安を煽って、CMのサービスへ誘導しています。まあ、インターネットではごく当たり前のことですが、こういうことが見ていたら知らない間に誘導されているかと思うとぞっとしますが、ぞっとしない人が大半なので、見ていられるのですが、気がつくことはなく過ごしていきます。そしてある時、家族になんとかをどうとかしたいんだけど、、って、サービスへ誘われるわけです。

こういうことが普通にマーケティングできるくらいですから、そんな不注意がどうこうなんてまだまだ、軽いもんです。

つまり、自転車レーンだとかいって、道路の一部にだけ、青い色を塗って終わりとかいっても、全く、役に立たないわけです。根本からこの国のあり方を見なおさない限りは、治らない問題があるということです。つまりは、根底にある問題を排除するべきだということです。

という、根がいかに大事であるかを理解する例えでした。

そんな中でも、電話がかかってきて、儲かる話があるから100万円振り込んでくださいって言われて振り込みましたっていう詐欺があったという話をしています。

振込を自分からして、しかも、別に家族になりすましてかかってきたわけじゃない人に言われた口座に振り込んでしまう。。

また、高齢時に一人で居ると判断力が無くなって、また、今の国の制度上、人が年をとっていった高齢期に国で色々な面倒や対応を責任をもってやってくれる制度が全くないので、ダマされるか、ダマされるのを知っていて、結婚詐欺へつけこまれてしまうのを断れない。

こんなさもしい話ばかりが流れているニュースでは本当にだめなんだなって思います。

これで、さらには、国が作った法令が逆に詐欺を加担している例もあったりします。火災報知機を設置せよというものがあって、木造家屋が信じられないくらい多いこの国では、高齢なるほど、必要であるわけですが、それを悪用して、法令違反ですからといって、火災警報器を設置する詐欺が居るっていうんですが、それって、国が決めたことが悪いんだろうっていうことです。

だいたい、何が行けないんだ?その業者は?

業者だって税金を払わなきゃいけないわけで、それで潤っている行政だってあるわけですから、本末転倒です。

設置自体は問題ないわけですし、多少高くても、別にそれも自由な話ですので、、全く問題ないわけです。クーリングオフという制度で訪問販売を取り消せるっていうのですが、それも判断力のある子どもが居た場合であって、そういう若い人がいない年寄りをより不安にさせるだけのことです。

ほんとに酷い仕組みだなって思います。それを煽ってまた、何かを売るわけです。そして、勝手に社会的弱者とか一定の層のことを言い出して、勝手に反感を抱かしてそれを利用してマーケしたりします。社会的弱者を狙った内職詐欺が多いそうです。本当にあるでしょうが、そういう言い方をされたら言われたほうは何倍もインパクトが強いわけです。それを利用して、何か、ひっからないようなことをちらつかせればまたそっちに、流されていく。。。

そういうことがまかりとおる国ですので、まあ、何をやっても無駄。根本から変えなきゃ無理っていうことを実感している次第です。別にアタリマエのことですが。。。

そうそう、コマツナって小松って違う場所だったんですけどとりあえず、かっこいい名前だから小松という名前をとってコマツナとしたそうです。

で、今食べているコマツナは他の菜の種類と掛けあわせていて、そのときの、昔のおいしい柔らかいコマツナとはだいぶ違うんですけど、それでも、コマツナだっていうんだから、コマツナだってことです。

とくに都市部ではコマツナの消費が半端ないです。コマツナさえ作っておけばかなりの儲けになるっていう生産者さんもかなり居るようです。もう、場所、手間、経費これを考えると、コマツナがいいということらしいです。

ネギも同じく、儲かるものですが、、、コマツナは都市部なら都市部で作ったほうが痛みが少なく便利です。

そんなわけでコマツナがたくさん作られていることが多いです。都市部周辺の農地では。昔はホウレンソウだったんですが、ホウレンソウはハウスを使わないと真冬では無理なようで、成長も時間がかかりコストが悪いです。

ところがコマツナは寒くても、ハウスいらずで育ちます。

とくに都市部なら温暖ですので、かなり楽です。追肥いらずの堆肥1回元肥施肥で大丈夫だったりします。これで、防虫ネットと若干の農薬をやれば虫食いも平気なようで、かなり、効率的な農業と言えそうです。

何より、寒くてもどんなところでもものすごい勢いで成長します。これが根が強い証拠です。今のコマツナは根が強くできています。

とにかく、寒いと言われていないですが、ほんとうは超寒いです。そして、ものすごく寒くなる日が冬にはあります。まだ、冬じゃないと思っていたら、いつの間にか、真冬の寒さが来るそうです。

今まで14度くらいだった最低気温が3度だそうです。どうするんでしょうか?

これじゃ、普通の野菜は枯れます。でも、枯れません。コマツナは強いです。

そういう風に作った野菜だけが市場に残っていくわけです。コマツナは山岳部に持ち込まれた種は、水かけ菜と言われたりして、凍らないように真冬に湧き水をかけて温めたようです。そうしないと枯れますが、今のコマツナは枯れません。

まさしくこれからのコマツナです。コマツナだけになってしまうような気がします。

それだけすごい野菜です。





あわせて読みたいページ









おすすめのページ!




おすすめの商品


[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

ゴキブリがいなくなるスプレーH(200mL)[ゴキブリ 駆除]
価格:880円(税込、送料別) (2016/11/25時点)


[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

小型風力発電機セット1500W
価格:415800円(税込、送料無料) (2016/11/25時点)





トマト菜の育て方茄子オールドレンズの写り種まき、時期、育て方大根イチゴエビ飼育うさぎ 飼い方レイアウト水槽ゴーヤー公園 自転車 クロスバイク改造フィルムカメラ 自家現像