葉、茎、根の壺 - 庭で自然観察




紫蘇(しそ)、大葉の葉、茎、根の特徴−害虫、病気、根腐れ−葉脈、断面、道管、太さ、広がり、写真−食べられる?一黒くなる、茶色、白い







紫蘇(しそ)、大葉の葉、茎、根の特徴−害虫、病気、根腐れ−葉脈、断面、道管、太さ、広がり、写真−食べられる?一黒くなる、茶色、白い



紫蘇の葉、茎、根の特徴

植物のなまえ(和名) 紫蘇(しそ)、大葉
植物のなまえ(英語名)  
学名  
葉のタイプ
茎の太さ、長さ 環境により、2cmから3cm程度に太くなります。
根の太さ、張り方 とても密集した根がとてもたくさん生えていきます。
葉に現れる病気、症状  
根に現れる病気、症状  
説明 最も親しまれているハーブの1つであるシソ。

これを食べていないで過ごせるはずもないくらいにとてもたくさん料理に使われていて、もう、気がついたらシソを食べています。





風呂が故障したとして、風呂に入れないことがあったとします。

昔の人はハーブでも塗って過ごしていたのかもしれません。しかし、肌が荒れそうですので、洋服につけたのでしょうか、それが香水の元だったのかもしれません。

人につけるハーブが香水で食べ物につける香水がハーブと呼ばれているようです。人にハーブでなく香水をつけます。

ほんとう、便利になった現代社会である一方、1つのことが壊れるとほとんどができなくなります。

昔の生活のほうが災害時には変動が少なかったことでしょう。

ほんと、ガス給湯器が止まると、お湯が出ない、風呂に入れない、まあ、水風呂に入れっていうの?夏ならいいですが。

しかし、水風呂以前に風呂に入らなければいい。

こういう時どうするんでしょうね。

しかし、修理業はほんとにこれでお金をもらって生活費を稼いでいるわけです。そう考えると分からなくもない。

だが、たとえば、高い買い物だった場合、50万払ったのに壊れた?

それで金払えと言われてもみんな文句言いまくりでメーカーに対応しろと迫る、、これは多いようで、いたるところでクレームの嵐です。そんなコールセンターで働いてみると、よく分かります。

メーカーで働く人も別にメーカーの人じゃなかったりもします。そう、どこかの会社の人かもしれません。別にメーカーが悪いしメーカーになんとも思ってもないけど、という人も多いことでしょう。それなのに、お客さんに怒鳴られて本当に苦痛な思いをした時間を時給に変えていく。

しかし、お客さん側も言わなければ、怒らなければ始まらない。対応しているスタッフもうちに責任がないという。だって、お金の出処がなければ、ぜったいに出せない!

ほんとうにくだらないことです。ビジネス、経済というのはなんでこんなしょうもないことをいいあうのか?

しょうもないですね。わかってはいても。無理です。みんなお金に支配されて生きているんですね。この時点でたしかに無益にビジネス関係で争うことが起きます。

くだらないです。なんの得にもならないわけです。ただ、争わないとお金をとられるから、争う。くだらない。

シソの匂いでも嗅いで落ち着いて、じゃんけんで決めたらいいじゃないですか?って、納得するわけもないですが。

結局、個人個人は上司の査定とか、すごく小さいことで動いているわけです。金の出資元さえ確保できれば、あとは平和に解決できて、修理をして、ありがとうございます。といって、心からお礼を言える。

こういう素晴らしいことがあるのは、メーカーが無償保証したときだけです。

それがない限りはエンドレスに修理費用のなすり合い、、、、そうですね。だから、、メーカーは大きい、資本のあるところじゃないと、不安ですね。

特に家なんて、メーカーが小さい会社だったら、リフォームもそうですが、無償で修理対応したら倒産してしまうこともあるわけです。こんなの、昔はぼったくりだとか言っていましたが、今は切実に、ほんとうに対応したくても、対応できない。

ということがあるのでしょう。担当者は無料にしたくても社長がだめだという。こうなると、もう、個人では何もデキないので、公的機関を使い、会社、社長に問いかけるしかなくなる。。

しょうもないですね。だから大手しか残れないってことなのでしょうか。。。

とくに、IT工事のように実質的には材料費はかからない、って場合だと意外と対応できることがありますが、建築関連は本当に材料費があるので、大変なことなんだと思います。





紫蘇の葉の写真、裏側、葉脈察


紫蘇には葉が縮れる、チリメンジソとあまり縮れない大葉というものがあります。

さらには赤紫蘇という、紫色の縮緬紫蘇(チリメンジソ)があります。これは梅干しなどを赤く色づけるために使われるものです。
どうしてもチリメンジソのほうが大きくて、強健で固くなりがちなところがあります。








シソはよく育ちます。育ち過ぎます。
芽が出てしばらくしたくらいのころです。
この頃から摘み取って食べていくことができます。


かなり大きい葉がついてきました。だいぶ縮れてきました。


赤紫蘇です。


大きい葉をつけています。
赤紫蘇はみなチリメンジソなのでしょうか。
たまに、表が赤くて裏が緑のものがあったりします。交雑したのでしょうか?


栄養豊富な下のほうの葉は巨大です。




これだけたくさん収穫出来ました。






だいぶ大きくなりました。
赤紫蘇は1枚づつ収穫するということはしません。
大きくするだけして、できるだけ大量にとれることがいいことです。
用途が梅干しを付けるときに使うように、たくさんの葉を一気に使用します。
青じそよりもむしろ、赤紫蘇の方がたくさんできるとありがたいようです。


ふと、油断すると、気温上昇に合わせて爆発的に増えてしまいます。
これでも、2,3本なのですが、もうわけがわかりません。

  
  





紫蘇の茎の写真、太さ、断面、道管




過繁茂になってしまう理由がこれです。
先端の方はたくさんのシソの葉がついています。
シソの葉の付け根からもまた、新芽が生えてこれと同じものが生えてきます。
そのため、枝分かれが爆発的に増えるのです。
  
  





紫蘇の根の写真、太さ、広がり、細か



  
  







あわせて読みたいページ









おすすめのページ!




おすすめの商品


[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

ゴキブリがいなくなるスプレーH(200mL)[ゴキブリ 駆除]
価格:880円(税込、送料別) (2016/11/25時点)


[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

小型風力発電機セット1500W
価格:415800円(税込、送料無料) (2016/11/25時点)





トマト菜の育て方茄子オールドレンズの写り種まき、時期、育て方大根イチゴエビ飼育うさぎ 飼い方レイアウト水槽ゴーヤー公園 自転車 クロスバイク改造フィルムカメラ 自家現像